menu

ロケーション特集

映画「FUNNY BUNNY」大崎市図書館ロケの舞台裏

大崎市にてロケを敢行!!

4月29日(木・祝)に映画館とauスマートパスプレミアム同時ロードショーとなる映画「FUNNY BUNNY」。
「絶対に借りられない本の中に、宝の地図が隠されている。」
剣持(中川大志)と漆原(岡山天音)の2 人がウサギの被り物を付けて強盗にやってきたとある図書館として登場するのが大崎市図書館です。撮影は2021年1月、大崎市・大崎市図書館のご協力の元、閉館後の図書館を約7日間貸し切りで撮影が行われました。実際の物語も閉館後の図書館で繰り広げられます。
剣持と漆原が探していた宝の地図とは?図書館に強盗に入った経緯とは・・・?
キャストの背景に映るロケ地・大崎市図書館にも注目しながら、ぜひ劇場またはauスマートパスプレミアムの配信でご覧ください。大崎市のあのキャラクターも登場しますよ 🐥

目次

●映画「FUNNY BUNNY 」作品概要

●あらすじ【図書館強盗篇】

●大崎市図書館ロケの舞台裏

●映画「FUNNY BUNNY」公開記念パネル展

映画「FUNNY BUNNY」

(C)2021「FUNNY BUNNY」製作委員会

公開日:4/29(木・祝)より、映画館& au スマートパスプレミアムにて同時ロードショー
監督・脚本 ・ 編集:飯塚健
原作:舞台「FUNNY BUNNY-鳥獣と寂寞の空- 」(演出・脚本 飯塚健/青山円形劇場、2012 )、 小説「 FUNNY BUNNY 」(飯塚健/朝日新聞出版)
出演
中川大志 岡山天音
関めぐみ 森田想 レイニ ゆうたろう 田中俊介 佐野弘樹
山中聡 落合モトキ
角田晃広 菅原大吉
製作:KDDI
制作プロダクション:ダブ
配給:「FUNNY BUNNY 」製作委員会
公式サイトhttps://entm.auone.jp/camp/funny bunny/
宮城県内上映劇場
チネ・ラヴィータ
シネマ リオーネ古川(5/7(金)~)

Story【図書館強盗編】

 「世界を救うのはいつだって想像力だ!」という持論を声高に述べる小説家志望の大学生・剣持聡。ある日彼は、親友の漆原聡と 2 人でタクシーに乗り込み、区立図書館に向かう。時刻は図書館の閉館間近の 20 時前、タクシーから降りてきたのは、愛くるしいうさぎたちだ。なんとうさぎの被り物をした剣持たちは、いきなり図書館に強盗に入るという暴挙に出る!
 「絶対に借りられない本を、借りに来た」と宣言した2人は、館内に残っていた司書の服部茜と、大学生の新見晴を見つけると、手際よく拘束し、スマホを取り上げる。恐怖よりもあっけに取られた服部たちは「ここは図書館。銀行と間違えてないか!?」という疑問をうさぎたちにぶつけるも、彼らはひるむことなく、黙々と本を探し始める。
 ところが館内には、もう1人、帰りそびれていた女子大生の遠藤葵が潜んでいた。遠藤が速やかに動いたことで、状況は一変!あっという間に形勢は逆転し、剣持たちが窮地に追い込まれる。観念した剣持たちがそれぞれ本名を明かしたあと「絶対に借りられない本の中に、宝の地図が隠されている」と説明するも、予想どおり「おとぎ話だ」と一蹴されてしまう。
 漆原の「一緒にその本を探してほしい」という懇願の言葉にも、全く聞く耳を持たない3 人。ところが、剣持が過去に起こったある出来事を話し始めると、全員が興味を持ち、引き込まれていく。その驚愕の内容とは!? 彼らは最終的に、目当ての宝の地図を探し出すことができるのか?

大崎市図書館ロケの舞台裏を一部ご紹介

(左は実際の大崎市図書館、右はロケ時図書館の様子です。)

2021年1月の大崎市図書館。今シーズンは古川の積雪も多く、除雪をして撮影に臨んだ。2人のウサギ(中川大志、岡山天音)がタクシーを降りて図書館に乗り込むシーン。

2 人のウサギが図書館に乗り込み、司書の服部(関めぐみ)と利用客の新見(レイニ) を拘束するシーン。図書館内に間接照明や観葉植物を設置したり 、緑の装飾を施している。

カウンター周りでも撮影。区立図書館の設定だが、装飾品には大崎市にゆかりのグッズも。

絵本・児童書のコーナーでは2人のウサギが利用者の有無を確認しに館内を見回るシーンを撮影。見つからないように死角に隠れて移動する遠藤(森田想)の姿も・・・

一部の書棚は撮影用に運びこまれたもの。 図書館の西奥の窓面に設置され、 撮影で映る区画の本の入れ替えは美術スタッフ、大崎市職員によって行われた。

大崎市図書館

大崎市図書館は平成29年7月に開館した多目的 ホール、研修室が併設された図書館等複合施設で蔵書数は約27万点。地元の鳴子産の杉をフローリング等に使用しており、木のぬくもりと安らぎを感じる空間でゆったりと読書を楽しめます 。

住所:大崎市古川駅前大通 4- 2-1
TEL:0229-22-0002
開館時間: 9:30~19:00 (火曜 ~金曜)
                    9:00~17:30(土曜 ・日曜・祝日)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日)
               毎月第3木曜日(祝日の場合は翌平日)
               年末年始 、 特別整理期間

映画「FUNNY BUNNY」公開記念 パネル展

映画「FUNNY BUNNY」の公開を記念してロケ地の大崎市図書館にてパネル展を開催!
ロケ風景パネルの他、劇中に使用した小道具、監督・キャストのサインなどを展示します。ぜひ会場に足を運び、映画の世界観に浸ってみてはいかがでしょうか?

◆大崎市図書館 パネル展
主催:大崎市観光交流課・大崎市図書館
展示期間:令和3年4 月20日(火)~5 月 30 日(日)
実施場所:大崎市図書館内 エントランス・受付正面ほか(大崎市古川駅前大通4-2-1)
展示物:ロケ風景パネル /小道具/監督・キャストのサイン など
※開館日時など大崎市図書館の利用案内はこちら

◆宮城県内上映劇場でも一部パネルを展示
展示期間:令和3年4月21日(水)~ 上映終了まで(予定)
シネマリオーネ古川(大崎市古川台町9-20 リオーネふるかわ 2F)
チネ・ラヴィータ (仙台市宮城野区榴岡 2-1-25 BiVi 仙台駅東口 2F)

大崎市図書館パネル展の様子
劇中に使用されたウサギの被り物も展示