せんだい・宮城フィルムコミッション

INFORMATION

せんだい・宮城FC×「アイネクライネナハトムジーク」第6回JFCアウォード優秀賞受賞!!

当フィルムコミッションは、ジャパン・フィルムコミッション(JFC)が主催する「第6回JFCアウォード」(各地の映像作品の撮影支援とその作品の活用による地域活性化に貢献した事例を表彰する制度)において、優秀賞を受賞しました。

 

2018年オール仙台ロケが行われた映画「アイネクライネナハトムジーク」(2019年9月公開)において、仙台駅前ペデストリアンデッキの一部封鎖を伴う大規模ロケ、延べ1,000名のエキストラとボランティアスタッフなどの協力を得たボクシング世界タイトルマッチの再現など、地域と一体となって本作品づくりを支援。また、本作品を活用し、地元企業等と連携した域外への誘客プロモーションを積極的に展開したことが評価されたものです。なおJFCアウォードの受賞は「第2回JFCアウォード」(映画「俺物語!!」(2015年公開))に次ぎ2回目です。

 

 

昨年度は当FCがロケ誘致・支援を行った映像作品は180件(問合せ・相談を含む)、その撮影による直接経済効果は約6,300万円(撮影隊の宿泊、機材等レンタル、飲食など県内で消費されたロケ関連経費)となりました。

この秋には、気仙沼・登米を舞台にしたNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」の撮影が始まるなど、宮城県内での映像作品のロケ機運が高まってきています。今回の受賞を励みに、今後も関係各所と連携しながら、より一層、ロケ誘致・支援による映像文化の振興及び、観光振興・地域活性化に邁進してまいります。

 

 

★第6回JFCアウォードに関する記事はこちら(ジャパン・フィルムコミッションHP)

★せんだい・宮城FC「アイネクライネナハトムジーク」特集ページはこちら