せんだい・宮城フィルムコミッション

INFORMATION

2019年度は仙台・宮城ロケ映画が公開ラッシュ!

最近、仙台・宮城ロケの映画が多いような気がしませんか!?

 

2019年度は宮城ロケの大作が1年間に4本も劇場公開されました!これは当フィルムコミッション設立以来、初めてのこと!

 

2019年6月  石巻を舞台にした映画「凪待ち」

2019年9月  作家・伊坂幸太郎氏原作のオール仙台ロケ映画「アイネクライネナハトムジーク」

2020年1月  仙台市出身の岩井俊二監督が故郷・宮城を舞台に撮影した映画「ラストレター」

2020年3月  遊川和彦監督の映画「弥生、三月-君を愛した30年-」

 

など話題作が続々と公開を迎えました。

 

これらの作品は宮城が舞台として描かれ、その大部分を宮城で撮影しています!

これは全国的にも稀なことなんです。(他の地域では、架空の都市や首都圏など別の地域をモデルにして、複数の地域でロケが行われる作品が多いんですよ。)

 

「弥生、三月-君を愛した30年-」

「ラストレター」

「アイネクライネナハトムジーク」

「凪待ち」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クレジット

(C)2020「弥生、三月」製作委員会

(C)2020「ラストレター」製作委員会

(C)2019「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会

(C)2018「凪待ち」FILM PARTNERS

 

 

 

ロケ地情報はせんだい・宮城フィルムコミッション特集サイトで紹介しています。

2020年度も多くの作品とご縁をつなげられるよう、ロケ誘致・支援に力を入れていきたいと思います!