せんだい・宮城フィルムコミッション

支援作品特集

ロケ地紹介 ママレード・ボーイ

原作ファンがときめく あの名シーンは仙台・宮城で撮影を敢行!!

映画「ママレード・ボーイ」の高校生活、部活動のシーンは2017年11月下旬~12月上旬にかけて、尚絅学院中学校・高等学校、尚絅学院大学、仙台大学にて撮影が行われました!光希・遊・茗子・銀太が通う“桐稜高校”ロケはどのように行われたのか?
映画「ママレード・ボーイ」をより楽しめる、仙台ロケの舞台裏・チェックポイントをご紹介します!

桐稜高校 学校内シーン @尚絅学院中学・高校/尚絅学院大学
  • Scene1

    光希:「学校にいる間は、あの異常な家族と離れられるんだもん」

    銀太:「お前らの両親、ぶっ飛んでんな」

    ここでは桐稜高校学校内シーン 写真その1を紹介しています。

  • Scene2

    名村先生:「こら!見つかったらどうする」

    茗子:「ごめんなさい」

    ここでは桐稜高校学校内シーン 写真その2を紹介しています。

  • Scene3

    遊:「光希・・・」
     

    ここでは桐稜高校学校内シーン 写真その3を紹介しています。

  • Scene4

    茗子:「気持ちを全部さらけだして甘えあうのが親友?私はそう思わない」

    ここでは桐稜高校学校内シーン 写真その4を紹介しています。

  • ©吉住渉/集英社 ©2018映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
Check1:
オープニングシーンはエキストラ約200名!

光希(桜井日奈子)と茗子(優希美青)が下校する放課後のシーンは、中庭や廊下、エントランスを行き交う生徒役、様々な部活動の部員役で約200名のエキストラボランティアが参加! 劇中は日差し眩しい夏の設定ですが、ロケの前日に降雪、気温1ケタ台の中、エキストラの皆さんは寒さにブルブル震えながらも薄着で撮影に臨みました!

  • ここでは撮影風景の紹介写真 その1を紹介しています。

    カメラクレーンを用いた大掛かりな撮影となりました。

  • ここでは撮影風景の紹介写真 その2を紹介しています。

    本番を待つエキストラの皆さん。陽が射すまで待機も多かった。

Check2:
ロケ隊を支えるサポートスタッフ&専門学校生ボランティア

オープニングをはじめ、学校シーンは連日総勢100~300名の撮影スタッフ・エキストラが参加。エキストラ参加者の受付、衣装の着替え、昼食準備、控室でのケアなど、ロケがスムーズに行われるために裏方として多数のサポートスタッフの協力がありました。
またヘアメイクのアシスタントとして仙台ビューティーアート専門学校、仙台ヘアメイク専門学校の学生さんも参加!エキストラ参加者のヘアセット、身だしなみのチェックなど普段の授業とは違う形でお手伝い頂きました。映画に映らないところで、多くのサポートがあり仙台ロケが成り立っています!

  • ここでは撮影風景の紹介写真 その3を紹介しています。

    撮影には多くのスタッフが関わり、撮影を見守ります。

  • ここでは撮影風景の紹介写真 その4を紹介しています。

    早朝からエキストラ参加者の受付、控室へ誘導案内。

  • ここでは撮影風景の紹介写真 その5を紹介しています。

    控室にはエキストラ参加者の衣装や小道具がたくさん!

  • ここでは撮影風景の紹介写真 その6を紹介しています。

    エキストラ参加者の昼食風景。準備~後片付けまでサポートスタッフの協力がありました。

Check3:
学校内の掲出物

仙台ロケのクランクイン前日、フィルムコミッション事務局の会議室ではクラスメイト役エキストラの学生さん有志が集まって何やら作業を・・・
劇中、校内に掲出された手作りのポスターやちらしは、実は彼らが作成したもの!
季節が巡り、校内の掲出物も様々なものに替わります。クラスメイト役として出演協力の傍ら、作業に参加された学生さん、ありがとうございました!

  • ここでは撮影風景の紹介写真 その7を紹介しています。
Check4:
学内至るところが“桐稜高校”に!

美術スタッフの手により、学内の掲示板や建物の表記が桐稜高校に!また夏の設定のため、落葉した木に葉の付いた枝を取り付ける作業も・・・ キャストの背景に映るロケ地のちょっとした変化にも目を向けて映画を観てみよう!

  • ここでは撮影風景の紹介写真 その8を紹介しています。
桐稜高校テニス部 部活動・練習試合のシーン @仙台大学
  • Scene5

    光希:「銀太何やってんの!いつもみたいにカッコよくスマッシュ決めてよ!!」

    銀太:「光希、この試合に勝ったら俺と付き合ってくれ!」

    ここでは桐稜高校学校内シーン 写真その5を紹介しています。

  • ©吉住渉/集英社 ©2018映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
Check5:
テニスの部活動・試合シーンは仙台大学硬式テニス部の全面協力!

劇中の桐稜高校テニスコートは仙台大学テニスコートでロケを実施。4日間、早朝から夕暮れまで仙台大学硬式テニス部の皆さんにテニス部員役やキャストのテニスプレーのお手本(スタンドイン)として撮影に協力いただきました。
光希(桜井日奈子)と銀太(佐藤大樹)のストローク練習、銀太と遊(吉沢亮)がダブルスの試合で見せる華麗なプレーは、仙台大学硬式テニス部員のプレーによるものです!
スタッフの指示に従い、試合を組み立て、狙い通りにボレーやスマッシュを決める部員たちのプレーに廣木監督も感心されていました!

ここでは仙台大学でのテニス部 部の撮影風景の写真を紹介

ここもロケ地に!

Scene6

亜梨実:「私の中ではまだ終わっていない。だから邪魔しないで。」

ここでは撮影風景写真を紹介しています。

©吉住渉/集英社 ©2018映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

セルバテラス
エル カジェーロ バー&タパス

光希(桜井日奈子)と茗子(優希美青)が学校帰りにカフェに立ち寄り、遊(吉沢亮)の噂話をしていると遊の元カノ・亜梨実(遠藤新菜)がやってきて・・・
カフェのシーンは地下鉄泉中央駅前の商業施設セルバテラス内のエル カジェーロ バー&タパスにて開店前に撮影が行われました。

ここでは撮影風景写真を紹介しています。