せんだい・宮城フィルムコミッション

支援作品特集

作品紹介

シリーズ累計1,000万部突破の大ヒットコミック「ママレード・ボーイ」が遂に実写化!突然の同級生との同居、保健室でのキス、すれ違いの初恋、三角関係・・・すべての女性のトキメキがここに。
すべての女性を夢中にさせた、光希と遊のとまらない恋の行方に中高生から大人まで心を奪われる!

■原作 「ママレード・ボーイ」 吉住渉(集英社文庫<コミック版>)
■監督 廣木隆一(「ナミヤ雑貨店の奇蹟」、「PとJK」、「ストロボ・エッジ」)
■出演 桜井 日奈子 吉沢 亮
佐藤大樹 優希美青 藤原季節 遠藤新菜 竹財輝之助/寺脇康文
筒井道隆 谷原章介 檀れい 中山美穂
■制作プロダクション プラスディー
■配給 ワーナー・ブラザース映画
■公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/marmaladeboy/

原作紹介

原作 ママレード・ボーイ1 集英社文庫コミック版表紙写真を紹介

「ママレード・ボーイ」原作本セット
(集英社文庫<コミック版>)
©吉住渉/集英社

■「ママレード・ボーイ」吉住渉 集英社文庫<コミック版>

女子高生の小石川光希は、ある日突然、両親から離婚することを告げられる。ハワイ旅行で出会った松浦夫妻と気が合い、母親がその夫と、父親がその妻と恋に落ちたため、お互いパートナーを交換して再婚するのだという。しかも、松浦夫妻の一人息子で光希と同い年の遊も含めてみんなで一緒に暮らそうとまで言い出す始末・・・。そんな常識はずれな両親たちのもと、一つ屋根の下で暮らし始める光希と遊。異常な家族の一員になるまいと一定の距離を保ちたい光希に対して、そんなことはまったく気にする様子のない遊。クールな中にも時折見せる優しさに次第に惹かれていく光希。そんな中、中学の時自分を振ったはずの銀太が光希に「ずっと好きだった」と告白!昔、遊の彼女だったと主張する亜梨実も現れて・・・。

宮城県内上映劇場

  • ©吉住渉/集英社 ©2018映画「ママレード・ボーイ」製作委員会